幽光 SCピックアップ

主に北欧関連のアイテムや腕時計、ユニークと感じた商品・サービスの紹介用

愛犬がなりやすい病気をチェックできる遺伝子検査サービス「Pontely(ポンテリー)」

  

わんちゃんは喋れないからDNAに聴きましょう!WEBで結果確認可能な犬遺伝子検査【Pontely】

 

Pontely(ポンテリー)の遺伝子検査サービスとは

Pontely(ポンテリー)では、犬の遺伝子検査サービスを行なっています。

これは遺伝子に含まれた情報を調べることで、その犬が遺伝性疾患になる可能性が分かるというものです。

実は犬の病気の中には、特定の遺伝子の異常が原因で発症するものがあります。このような病気のことを遺伝性疾患と呼んでいます。

Pontely(ポンテリー)では、その犬が持っている遺伝子を検査することで、その犬が遺伝性疾患になりやすいかどうかをチェックしてくれるのです。

 

検査できる年齢や犬種、結果の確認方法などについて

何歳から検査できるの?

検査できるのは、離乳が終わった段階からです。

 

どんな病気が検査できるの?

どんな病気の検査ができるかは、犬種と申し込むプランによって変わります。

Starter Plan(スタータープラン)では、犬種ごとに必須と判断された遺伝性疾患1つについて、検査することができます。

Health Plan(ヘルスプラン)では、犬種ごとに検査がおすすめの遺伝性疾患3つについて、検査することができます。

具体的にはどうなのか、チワワを例に見てみましょう。

チワワの場合、Starter Plan(スタータープラン)では、進行性網膜委縮症(PRA)-PRCDの検査をすることができます。

また、Health Plan(ヘルスプラン)では、進行性網膜委縮症(PRA)-PRCD、フォンウィルブランド病タイプI(vWD1)、変性性脊髄症(DM)の3つについて検査することができます。

このように選ぶプランによって、検査できる病気の数が決まっています

なお、犬種によっては、遺伝性疾患を3つも検査しなくてよい場合があります。

検査した方がよい疾患が2つの場合には、必須の1つについて検査するStarter Plan(スタータープラン)か、2つの疾患について検査するSuggest Plan(サジェストプラン)となります(※Suggest Planは2項目検査と呼ばれることもあります)。

また、検査した方がよい疾患が1つだけの場合には、Starter Plan(スタータープラン)のみとなります。たとえばボロニーズの場合には、検査した方がよい疾患が進行性網膜委縮症(PRA)-PRCDの1つだけですので、Starter Plan(スタータープラン)のみとなっています。

ちなみにミックスなどについても検査は可能ですが、要相談となっています。

また、プランに記載されていない疾患についても検査は可能ですが、要相談となっています(※その犬種でその病気が発生したケースがない場合などには、検査できないことがあります)。

 

Starter Plan(スタータープラン)についての注意点

Starter Plan(スタータープラン)では、検査できる病気の数が1つなだけでなく、どの病気を検査できるかも決まっています

たとえば、既にご紹介したチワワの場合、検査がおすすめの疾患は3つあります。

しかし、Starter Plan(スタータープラン)では、3つの疾患のうち、進行性網膜委縮症(PRA)-PRCDについてだけ、検査することができます。

3つの中から好きな1つを検査してもらえるのではなく、最初から指定されている1つの疾患についてのみ、検査してもらえるのです。

これはSuggest Plan(サジェストプラン)でも一緒です。

Health Plan(ヘルスプラン)またはSuggest Plan(サジェストプラン)に入っているけれどStarter Plan(スタータープラン)に入っていない病気を検査してほしい時には、Health Plan(ヘルスプラン)またはSuggest Plan(サジェストプラン)を選んでください。

 

検査方法と結果が出るまでの時間は?

検査方法は、検査キットを使って犬のお口の中の粘膜を採取するというものです。約2週間で結果が出ます。

 

結果の確認方法は?

出た結果は、WEBの会員ページで確認できます。また、検査結果証も後日、郵送されます。

 

追加の検査はできるの?

後から検査を追加してもらうことは可能です(※別途、追加検査用の料金が必要となります)。

最初に採取した検体を元に追加検査を行ないますので、あらためて粘膜を採取する必要はありません(※最初の検体の状態によっては、あらためて採取しなければならない場合があります)。

 

検査は何回すればいいの?

1つの疾患につき、1回検査すれば十分です。同じ疾患について、何度も検査する必要はありません。

確かな結果確認可能!犬の遺伝子検査【Pontely】

 

以上、Pontely(ポンテリー)の遺伝子検査サービスについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ちなみに、Pontely(ポンテリー)ではペットショップやブリーダー限定のサービスも行なっています。興味を持たれた方はそちらもチェックしてみてください。

 

(この記事にはアフィリエイトが含まれています)