幽光 SCピックアップ

主に北欧関連のアイテムや腕時計、ユニークと感じた商品・サービスの紹介用

「タダ本」の解約方法と注意点

毎月、ネットオフの無料本を入手することができるネットオフのサブスクサービス「タダ本」。

大変便利なサービスですが、なにかの事情によって、中途解約したい! と思われることもあるかも知れません。

ここでは「タダ本」の解約ができる場所と解約方法、解約のおすすめのタイミングについて、ご紹介していきます。

 

「タダ本」の解約方法と場所について

「タダ本」の解約方法と解約できる場所は、以下のようになっています。

 

まず、「タダ本」の公式サイトの「マイページ」に行きます。

「マイページ」の「タダ本会員」から「タダ本会員解約」に行けますので、そちらで手続きを行なって下さい。

 

ちなみに「タダ本」は現在、年会費制のみとなっていますが、中途解約しても残りの期間分の費用は返ってきません。

たとえば、契約して6か月が過ぎたところで解約した場合、実際に利用したのは年会費1年分の半分の期間だけですが、だからといって年会費が半分戻ってくる、なんてことはないのです。

つまり、「タダ本」の場合、年会費は一度払ったら、どのタイミングで中途解約しても1円も返ってこないシステムになっています。

そう考えますと、利用期間がまだ残っているのに早めに解約することには、あまりメリットはありません。

推奨したい解約のタイミングは、目的別に2つ、あります。

 

・契約期間の最後の月まで待つ

どうせお金が返ってこないのなら、契約期間の最後の月まで待っている方がお得です。

途中で気が変わって、欲しい本が出てくるかも知れませんし。

ただ、契約期間ギリギリまで待とうと思って、ウッカリして解約が間に合わなかったら最悪です。

年会費が次回分に切り替わる前にキッチリ解約できる、という方でないと、この方法は難しいかも知れません。

 

・解約したい! と思ったタイミングで、スッパリ、切る

解約しようと思っていたがウッカリして契約が続いてしまった……なんてことにならないためには、解約したい! と思った時点で、すぐに解約手続きをするのがベストです。

ただし、残りの期間で、やっぱり使いたい! なんて思っても、もう使うことはできなくなりますので、ご注意ください。

 

紙の本のサブスク「タダ本」  

 

ここまで「タダ本」の解約について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

以上は記事作成時点での情報ですので、最新情報に関しましてはかならず公式サイトにてご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

※なお、「タダ本」でかかるお金を少しでも安くする方法については、こちらの記事をご参照ください。

ネットオフのサブスクサービス「タダ本」でかかるお金を安くするには - 幽光 SCセレクション

 

(この記事にはアフィリエイトが含まれています)